テレクラを利用する目的とは?

テレフォンクラブの略でテレクラ。今では死語ともいわれていますが、そのテレクラも全盛期には男女を繋ぐツールとして絶大な人気が有りました。
そんなテレクラですが、一体どのような男女が利用をしていたのでしょうか?

■援助交際
やはり一番多かったのは援助交際の相手探しでの利用だと思います。
それは男性も女性もです。
利用している年齢層はかなり幅広かったです。
女性はフリーダイヤルなので無料で通話が出来ますし、援助交際をするには一番便利なツールだったと言えます。
出会い系サイトも女性の利用料金は無料な所が多いですよね。
そう考えると、そういう男女の出逢いにおいては、男性がお金を払って女性は払わないというのが定番みたいですね。
それほど男性の方が、より出逢いを求めていると思えますね。
ただ、無料となると女性も沢山利用しますからバランスが取れているのだと思います。
援助交際でも結局男性が女性にお金を払うわけですから、男性は女性に比べて性欲を満たすのにお金を使う傾向があるみたいですね。
テレクラでは、援助交際をしたい人が利用するのが結構一般的でしたから、通話が始まってすぐに交渉に入る場合が多かったです。
ただ、その相場は今よりは少し高かったようです。
今では2万円前後が多いですが、テレクラ全盛期には3万円前後払われていたといわれています。
また、処女ならば10万円くらい払うという人さえいたと言われています。
性に関するビジネスは不景気も関係ないなんて思われていますが、実際はそうでもありません。
今では風俗業界さえ厳しいのが現実ですからね。
援助交際を女子高校生などの未成年も手軽に出来たのは、テレクラのお陰だと言われています。
それがいいのか悪いのかは分かりませんが、未成年との援助交際を楽しみたいと思っていたような男性からすれば、とても画期的なツールであったという事は間違いありませんね。

■テレフォンエッチ
また、援助交際が目的ではない男性の主な目的はテレフォンエッチであったと言えます。
今ではライブチャットが大人気ですが、もちろん音声通話でのテレフォンエッチにはかなり人気がありました。
どんな顔をしているかもわからないような、声だけを聞いた女性とエッチな事をするという、そのドキドキ感にやみつきになっていた人も多いと言います。
テレフォンエッチとは、エッチな通話をしながらお互いにマスターベーションをするというエッチの形です。
実際に会ってエッチをする方がいいという人もいますが、たまにはこのテレフォンエッチをしたいという人も多かったようです。

■セフレ
援助交際のようにお金を払うわけではなく、セフレのようにエッチをする事が出来たと言う人もいたのかというと、やっぱりいたみたいです。
ただ、そのようにお金を払わなくてもエッチをさせてくれた女性というのは年齢がちょっと高めの女性の方が多かったみたいですね。
若い女性というのは、テレクラを使ってエッチをするのは援助交際が定番でしたからね。
テレクラというのは、若い女性だけではなく、性欲が溜まっている中年女性も多く利用していました。
なので、そんな女性に当たる事が出来れば、それならば今から会ってエッチをしましょうという話になったみたいです。
ただ、テレクラというのは、順番に繋がるので、相手の年齢などを選ぶ事は出来ません。
なので、女性はもしもしと言っただけで、電話を切られるというこ事も少なくはなかったのです。
また、年齢を言った瞬間に電話を切られてしまうということも結構ありました。
それは、もちろん若い女性がよかったという理由もありますし、逆に声が若すぎるという事で切ってしまう男性もいました。
若い女性だとお金を払わなければエッチをさせてくれない人が多いですが、中年女性ならば、お金を払わなくても存分にエッチを楽しませてくれるからです。
ただ、声を聞くことが出来ても、顔はもちろんわかりません。
男性なら顔がわからなくてもいいというのは理解が出来ますが、女性で顔もわからない男性と待ち合わせをしてエッチをするというのは、相当性欲が溜まっていると思えますよね。

■とにかく話をしたい
そんなエッチ目的の男性がほとんどの中で、普通に女性と会話をしたいだけというような珍しい男性もいました。
出会い系サイトでいう、メールだけをしたいと思っているような男性です。
その手の男性はあまりモテない男性が多いです。
普段女性と会話をする事があまりないという男性が、女性との会話を楽しみたいという理由でテレクラを利用しているという事もありました。
お金を払って世間話を楽しみたいという男性もいるという事ですね。
ただ、出会い系サイトとは違い、女性は通話をする事によってお金がもらえるわけでもないので、本当に純粋な世間話をする事が出来るといえます。
なので、騙されているという事はないので、会話を楽しみたいという男性にとってはかなりいいものなのかもしれませんね。
女性でも男性と会話を楽しみたいという人は結構いるので、そこで話が合った男女はお互いの番号を交換したりしていました。
そして、電話での通話を積み重ねて実際に会う約束をするという男女ももちろん沢山いました。
そして交際する事になったという男女もきっと何組もいたんでしょうね。

セフレを欲する女性の特徴

女性もセフレは欲しがる?
セフレというと、どうしても、男性が女性を都合よく、性欲解消のために利用しているようなイメージがあります。

たとえば、元カレと復縁したいけど、元カレのほうは、女性のその気持を利用して、性欲の解消に利用している場合などです。

が、もちろん、積極的にセフレを欲しがっている女性もいます。男性と同じように、女性にも、ただ性欲を満たすためだけの相手がほしいと思っている人はいるものです。では、具体的にどのような人が、セフレを求めているのでしょうか?

恋人と長く付き合っているとセフレが欲しくなる
長く付き合っているカップルほど、セックスレスに悩まされているものです。セックスレスというと、中高年のカップルや夫婦がなるものだというイメージが強いですが、じつは、そうとばかりは言えません。

これは年齢はあまり関係なく、たとえまだ若いカップルであっても、セックスレスに陥ってしまうのです。やはり、おなじ相手とのみセックスをしていると、どうしても相手の身体に飽きてしまったり、また、プレイの内容がワンパターンになってしまったりして、変化に乏しくなるのが原因でしょう。

恋人とのセックスに満足できないことも
また、セックスレスではないけれど、どうしても彼氏や旦那さんとのエッチに満足できない女性もいます。たとえば、相性がうよくなかったり、相手のテクニックが乏しかったりといったような具合です。

これらの女性は、パートナー以外の男性に性欲を満たしてもらいたいと感じます。男性と違い、女性向けの風俗店というものはないので、女性が性欲を満たしたいと思ったら、一夜限りの関係を持ってくれる人か、セフレを探すしかありません。

ひょっとしたら、なかにはそのような業者も存在するのかもしれませんが、女性は、そのような場所に行くのを、男性以上にためらうもの。さらに、男性が女性にセックスを求めるのに比べ、女性が男性にセックスを求める場合は、比較的スムーズに行くというのも関係しているでしょう。

簡単にセックスの相手になってくれる男性がいれば、わざわざお金を支払う必要はないからです。

このようにして、恋人や夫との普段のセックスだけでは、性欲を満たせない女性が、セフレをつくる場合が多いのです。

チャットレディーは誰でもできる

ライブチャットのチャットレディーとは非常に魅力ある仕事という話しではありませんか。巷では女性たちにも非常にライブチャットが話題になっている訳です。ライブチャットしているとなかなか友だちだって言わないかもしれません。

ライブチャットとはある意味風俗ですから。しかし隣りにいる友だちだって既にライブチャットのチャットレディーという仕事に注目しているはずですよ。ライブチャットの運営会社は頑張っているのです。セキュリティーも万全、個人情報もしっかり守ってくれるライブチャットももはや当たり前な話しなのです。ライブチャットの運営会社ではあなたがよりライブチャットで仕事しやすい方法を考えてくれている訳です。

まず、webカメラなど自分で持っていない場合には、ライブチャットの運営会社で貸し出ししてくれるケースもありますのであらかじめ確認していただきたいものです。そして、中には、自宅でライブチャットの仕事出来ないという女性もいらっしゃるはずです。その女性のために通勤型のライブチャットもあるという話しではありませんか。バスルームもついている非常に綺麗な部屋が準備されてあるようです。

ライブチャットの環境整っていないからチャットレディーは出来ないとまだまだ諦めることなかれと言った感じでしょうか。ライブチャットのチャットレディーとは十八歳以上なら誰でも出来る仕事だったのですね。本当にどんな女性だって出来る仕事なのです。